スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説

         とある夏の日々

※極めて短文


俺は暑いのが苦手だ。
だが夏は好きだ。この矛盾思考をどう捉えるも勝手だが、とにかくも俺は
夏が好きだ。そしてその夏に事件が起きた。
これはそのときの話。


俺の名は、林 誠(はやしまこと)
学校から帰宅途中の俺を迎えてくれたのは、愛犬の
トリニティー・モンスターだった。
ちなみに説明は不要だと思うが「トリニティー・モンスター」とは犬の名前だ。
「ただいま!今帰ったぞ、トリニティー。」
そうして、抱きかかえると俺は徐にリビングへと脚を運んだ。

そこでは見慣れぬ光景が目に飛び込んできた。
そこにはある女性がテレビを見ていた。見慣れぬ女性だ。まったくもって面識が無い。

すると、こっちに気付いたようで、こっちを振り向くとニコッと笑ってテレビに視線を戻す。

「マテマテマテマテ!」
「もう、何よ?今良いとこなんだから~。これ録画してないの?」
「してない!あと良いとこなんだから~、じゃない。」
俺はそういうとテレビの電源を消した。

「あー!!見たかったのにー・・・グスッ」
その女性は泣き出しそうだった。
「あー!悪かった悪かった!だから泣くなー。」
そういうとテレビの電源を点ける。

すると女性はケロッとした顔でテレビを見だした。
俺はまたテレビを消した。
「あー!またー!」
「ケロッとしてんじゃないか。というか、何故俺の家にいる?あんた誰だ?」

すると女性は間を空けてこう言い放った。

「突然だけど・・・あたし、今から此処に住むから!」
「・・・・・・・・・・・」
俺は開いた口がふさがらなかった。

「はあああぁぁぁぁぁぁぁ!!!??」
俺は何がなんだかわからなくなった。

「あ、あとあたしのこと覚えてないの?」
「覚えても何もあんたの外見からしてしらん。」
「へー・・・誠君だよね?」

「おい、何で俺の名を知っている?あんた俺を知ってるのか?」
「あー・・・そっかぁー・・・誠君事故で記憶殆どないんだっけ?」
「まぁこの18年間の中で記憶がかなり飛んでるな。」
「あたし、誠君の幼馴染だったんだよ?中学3年のときに私は引越しちゃったんだけどね。」
「そうなのか。んで、誰?」
「あたしの名前は「*****(お好きに決めてください)」だよ」

この突飛無い事件のせいで、翌日から大学に遅れそうになった。
食費も嵩むわ、生活費は半端ない。だけどなんか嬉しかった。

うだるような暑さはまだまだ続く。


  完 (よくわからないストーリー編)
スポンサーサイト

日記的なの

最近勉強ばっかりで、更新するの忘れてた!!!(´Д`;)


最近やることがない。
更新もあまりする機会がなくなりそうだ・・・・(´・ω・`)

時間があれば、小説学校で考えて載せますねww

小説


     『魔理沙の活躍』

※超短編です
※2次創作です



 「ふぅ… 何で!?何で一向に御賽銭が集まらないの!?」
 
「嘆くな霊夢。何時もの事じゃないか。」
「黙りなさい!こっちの生活も考えなさいよ!」
「ま、まぁ落ち着けよ・・・まぁ煎餅でも食えよ。」
「私が出した煎餅だけど?」
「くっ・・・」
朝からこの調子な二人は、博麗霊夢と霧雨魔理沙である。

毎日愚痴を聞かされる魔理沙。
「それで?当初の目的は?」
「流石。勘ぐり深いわね。はい。これ。」
バタンと金属の物質が地面に落ちる音。

「何だこれ?」
「シャベルよ。」
「それはわかるんだが・・・これでどうしろと?」
「シャベルがあったら理由は一つよ。堀なさい。」
はっ?

「地面をか?」
「それしかないじゃない。」
「ふ、ふざけるな!私は肉体労働しに来たんじゃないんだぞ!?」

ニヤニヤ笑っている霊夢。
「うまいことやってくれれば、報酬は弾むわ。」
「それで儲けた場合私に利益はあるはずだが・・・」
「あら?此処は私の土地よ?」
「くそ・・・揚げ足とるようなこといいやがって・・・」
「早く掘る!」
「わかったよ。掘るよ!」

―半日が過ぎ去ろうとしていた―

ガツン!
「ん?霊夢。何かぶつかったぞ?岩盤かな?」
「まさか!埋蔵金!うへへへ。」
「(霊夢。正にお前は今、埋蔵金の亡者になろうとしている・・・」

プシャッ!
「うん?」
ぶしゃあああぁぁぁぁあっ!!!!
「きゃああ!」
「どした霊夢!熱っ!・・・これは・・・温泉?・・・霊夢!温泉だぜ!」

―10分後―
何とか片付けを終えた霊夢たちは温泉に浸かっていた。
「あ~肉体労働の疲れが一気に取れるぜ~。」
「まさか源泉を掘り当てるとは・・・しかもこんな浅くに。不思議なもんだわ。」

後に霊夢は温泉を大々的に取り上げ、客は繁盛しましたとさ。

宣伝w

http://gdngdn.radilog.net/

↑ひぐチャのBABAさんがラジオしております~
今週は土曜の午後7時らしいですよっと。

見てくださいねw

http://radilog.jp/
↑ここでアカウントとって、チャットでも楽しんでくだされw

日記的なもの

最近更新ちっともしてねぇww
反省!

や、わかっていたんだよ。偶には更新しなきゃと。
自分の愚かしさに改めて気付く。Σ( ゚д゚)ハッ!
プロフィール

幽姫火燐

Author:幽姫火燐
更新機会が悉く減っているけどめげないw

こえ部では砂糖黍と名乗ってまふ。
↓下手だけどよかったら見てください。
http://www.pixiv.net/member.php?id=1262776

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萌え
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ミク曲
東方時計
ゆっくり
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。